新松戸駅東側地区土地区画整理事業、三菱地所レジデンス・ミサワホーム・東京建物が共同で

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Impress Watchや松戸市の公式サイトによると、新松戸駅東側の再開発事業をめぐって、住宅・商業部分を三菱地所レジデンス・ミサワホーム・東京建物が共同で進めるということです。

事業期間は2029年3月までで、施工面積は約2.6ha。14階建てビルはや駅前広場とともに、商業機能、子育て機能、教育・分化機能を整備するとのこと。商業施設や医療モールも計画されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました