松戸市立博物館、資料展「まつどの江戸時代-古文書・絵画・模型からさぐる-」を開催中(〜2018年6月24日)

ニュース

市制施行75周年・開館25周年記念館蔵資料展「まつどの江戸時代-古文書・絵画・模型からさぐる-」が松戸市立博物館で開催されている。観覧料は無料だ。

江戸時代には現在の松戸市域には50を超える村や町があり、残されてきた多くの歴史資料を展示しているということだ。旧家で守られてきた古文書、御鹿狩の絵画、村の道や耕地を描いた絵図、浮世絵やかわら版などの印刷物、資料を元に再現された模型、拓本などからまつどの江戸時代を探るという。

「まつどの江戸時代-古文書・絵画・模型からさぐる-」

開催日

  • 2018年4月24日(火)〜6月24日(日)

開館時間

  • 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日:月曜日(4月30日(月)開館、翌5月1日(火)休館)

会場

  • 松戸市立博物館(千葉県松戸市千駄堀671)

アクセス

  • 新京成電鉄「八柱」駅・JR武蔵野線「新八柱」駅
    • 徒歩15分
    • 松戸新京成バス「小金原団地循環」「新松戸駅行」で「公園中央口」停留所下車
  • JR常磐線・武蔵野線「新松戸」駅・流鉄流山線「幸谷」駅
    • 松戸新京成バス「八柱駅行」で「八原台」停留所または「公園中央口」停留所下車

関連企画

担当学芸員による展示解説会

  • 日程:
    • 4月29日(日)
    • 5月5日(土)
    • 5月26日(土)
    • 6月9日(土)
  • 時間:各日14時・企画展示室入口集合(時間約30分)
  • 費用:無料

学芸員講演会(1)「まつどの江戸時代 歴史資料のいろいろ」(松戸市立博物館友の会共催)

  • 日時:5月27日(日)13時から15時
  • 内容:館蔵資料展をより楽しむための、歴史資料の見方について
  • 会場:講堂
  • 講師:富澤達三氏(館蔵資料展担当学芸員)
  • 定員:先着80名(申込不要)
  • 費用:無料

歴史を語る(1)「近世・松戸河岸(まつどがし)と江戸 -人と物の交流-」

  • 日時:6月3日(日)13時から15時
  • 内容:将軍様から長屋のご隠居まで、江戸人の生活を支えた松戸河岸の歴史を振りかえる。
  • 会場:講堂
  • 講師:和泉清司氏(高崎経済大学名誉教授)
  • 定員:80名(抽選)
  • 費用:無料
  • 申込方法:
    • 往復ハガキ(1人1枚)に住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記して、「6月3日歴史を語る(1)」係へ。
    • 5月15日(火) 必着。

リンク

コメント